大石裕研究会

慶応義塾大学常任理事でもある大石裕教授の指導のもと、マス・コミュニケーション論やジャーナリズム論を研究しているゼミです。

「メディアを通して社会を知る、社会を通して自分を知る」をモットーに、春学期は文献輪読、秋学期は三田祭に向けてグループで論文を執筆します。
また4年の秋学期には個人研究として修了論文に取り組みます。