李光鎬研究会

当研究会では、社会心理学の視点からメディアを捉えた研究を行っています。

「人はメディアからの情報をどのように認知・判断し、行動へと移すのか」「人が情報を発信する意図にはどういったものがあり、そして、情報の受け手の印象に強く残るためにはどのような方法で発信するのが効果的であるか」等といった問題意識をもとに、三田祭論文を執筆することが主な活動です。

毎年論文のテーマは多岐に渡り、4人程度の共同論文であるため学年の隔てもなく、アットホームなゼミです。

<2018年度 三田祭論文>
以下のリンクから閲覧可能です。
https://mediacomeseminer.wixsite.com/eseminer